スポンサーリンク

最高にちょうどいいフリード

子供が生まれる前はしばらく車は持っていなかったのですが、子供が生まれて家を購入した10年前から今までずっと乗っている車が「フリード」です。

今は2代目のフリードに乗っています。

フリードと言えば、

そうです、このブログのタイトルにも使わせていただいた、

「This is サイコーにちょうどいいHONDA」のCMでお馴染みのフリードです。

まさにCMでピーンときて、これはもしやわが家にぴったりの車では?と感じたのです。CMが上手いのもありますが、その機能と空間にとても惹かれていきました。

子供が生まれたこともあり、しかも双子

にもちょうど良い車がないかな?と探していました。ベビーカーも双子用は大きいし、田舎の実家に帰るときにも大きな荷物が載せる必要がある。

しかし、嫁から

大きすぎる車は運転する自信がない!

と言われ、マンションも買ったばかりで、コストもそんなにかけたくないという気持ちもありました。

そんなときに出会ったのがこの初代フリードです!

フリードは全長4265mm、全幅1695mmと非常にコンパクト!幅が1.7m以下のなので5ナンバー。

コンパクトカーのフィットと幅が一緒で長さが30cm長いくらい。それでいて3列シートの7人乗り。スライドドア。文句なしにちょうどイイ!

スペアタイヤを搭載しないことで床を低く(地面から480mm)して車載空間を十分に確保できるのです。3列目シートを跳ね上げると27インチの自転車も簡単に載せられます。もちろん二人乗りベビーカーも楽々。

私はこのような

コンパクトな空間を広く使えるように設計されている

ことに共感するのです。

住宅設計をしていると、限られた広さの中で、どれだけ広く感じさせるか、どれだけ機能を充実させるか、デザインを美しくするか、など考えるのがたまらなく楽しいのです。そしてそれが住宅設計の醍醐味でもあります。

フリードが最高にちょうど良すぎて、

スポンサーリンク
スポンサーリンク

次の買い替えも・・フリードにしました(笑)

2代目フリードになると、1代目の空間の良さを踏襲しながら、何と言っても機能が格段に上がりました。センシングという高速道路の自動運転や各種の安全機能、ハイブリッドなどなど。まあこれはフリードだからというわけではないですが、、センシングはイイですね。長距離の運転が非常に楽になりました。機能も意匠も満足で愛着たっぷりです!

コストについては、残クレという残価設定の購入を選び、無理のない範囲で月賦で支払います。6ヶ月ごとの定期点検を条件に、3年後にまたホンダの新車に買い換えたり、そのまま乗り続けるなど選べるのです。選択肢が増えるのは嬉しいですね。

住宅もライフスタイルに合わせた買い方ができるといいなと感じます。例えば、20年分の住まいの価格で購入し、子供が巣立ったら残りの価値で夫婦で新しい家をまた購入するなど。まあ家も耐久消費財とはいえ車のようにはなかなかね、、

それはともかく、この車は、

我が家に最高にちょうどイイフリード!

コメント