スポンサーリンク

【回遊性のある間取り】を絶対オススメする理由

こんにちはLaLaです。

今回は間取りについてお話ししたいと思います。

私が間取りをつくるときに重要視することの一つに“回遊性”と言うものがあります。とりわけコンパクトな家を考えるときには重要視したい項目です。

 

回遊性とは

回遊性とは何でしょうか?簡単に言うと、

行き止まりなく歩ける動線

のことです。

 

まずは私の住むマンションの間取りを見てみましょう。

わが家のLDKとその周りの間取り

私のマンションはかなり大型のマンションであり、新築時に購入を検討したので、20プランくらいの中から選べました。

私は仕事がら住宅プランニングは得意なのでこだわりのポイントを持っていたので自分なりの“最高にちょうどいい住まい”の間取りを探すのは容易でした。

 

プランを選ぶ基準として考えたポイント

  1. リビングとダイニングが南に面していること

  2. 南側に大きな窓があること

  3. 回遊性が良いこと。特にキッチンと洗面。

  4. 生活感の見える部分は出来るだけ隠せること

非常にシンプルですが、今のプランは満たせていました。

もちろん贅沢を言えばもっと広いリビングとかウオークインクローゼットとか対面キッチンとかいろいろあるかも知れませんが、私にとってはコンパクトながら広々感じさせる良いプランであると思います。

広く感じさせる要因の一つが、回遊性です。

プロフィールにも述べていますが、私は小さく美しく機能的な家が大好きなのです!

 

それでは一つずつ整理しますが、1と2については別の投稿でお話ししていますのでそれをご参考ください。

①リビングとダイニングが南側で明るいこと

②南側に大きな窓があること

 

 

大きな窓があるとウチソトのつながりが高まり空間が広く感じます。

 

そして、3つ目の

③回遊性が良いこと。特にキッチンと洗面についてお話しします。

回遊性が良い場合のメリットについて間取りから考えます。

いかがでしょうか?

ぐるぐる回れる間取りになっています。

 

回遊性が良いとまず言えることは、

混雑しない

ということです。

 

シンプルすぎましたね(笑)。

行き止まりがないので、例えば生活のシーンで、

  • 最短距離で向かいたい空間に行くことができる
  • 縦横無尽に動けるので効率よく掃除機をかけることができる
  • 料理をしながら洗濯機の状況も確認できる
  • 家族がどこにいても気配を感じることができる
  • 犬が走り回ることできる(笑)

などいろいろありますが、特に便利だと感じているのは、

キッチンと洗面所の回遊性

です。これは生活していて本当に便利です。

 

いわゆる家事楽という言葉にあるように、料理しながら洗濯もするなどテキパキと家事ができるということもありますが、

風呂上がりにすぐに冷蔵庫からビールをプシュって、これ最高です。

また子供達が歯磨きをしている後ろで洗濯物を取り込む時も2方向にドアがあるので混みません。

などなど生活のあらゆるシーンで機能的になるのです。家族の気配が感じられることもとても家族のコミュニケーションには役立っています。

 

ぜひ住まいづくりや住まい選びのご参考にしてください。

それではまた

ブログをご覧いただきありがとうございました。LaLa

コメント