スポンサーリンク

インテリアにマッチする観葉植物で悩んだら“ウンベラータ”か“アルテシマ”を選ぼう

こんな感じでインテリアに植物がいっぱいあると楽しいですね。
cheetahさんによる写真ACからの写真

インテリアに様になるちょうどいい観葉植物を検討するときに大事なポイントは何でしょうか?

私もさほど観葉植物に詳しくはないのですが、、

無難にいくと、

明るくて可愛らしいの葉っぱ観葉植物から選ぶのがいいのではないでしょうか。

そこで、私がオススメする観葉植物を2つご紹介します。

おそらくこれを選んでおけば間違いはないかと思います。

 

①ウンベラータ

proustさんによる写真ACからの写真
スカイブルーさんによる写真ACからの写真

ウンベラータはとても人気のある観葉植物です。

何と言っても大きなハート形の葉っぱがカワイイ。

それに尽きる( ´∀`)

比較的育てやすい植物なのでオススメです。

 

②アルテシマ

こちらも人気の観葉植物であり、わが家ですでに6年以上育てています。

ゴムの木の一種ですので葉っぱが厚みがあってしっかりしている印象です。

こちらもウンベラータ同様葉っぱの形が可愛くてインテリアにマッチします。

わが家のアルテシマ

観葉植物は家のどこに置くかが難しいポイントです。

あまり強い光を当てるのではなく、レースカーテン越しくらいがちょうどいいです。

コーナーに置いてアイキャッチ的にインテリアをまとめる方法もありますが、

わが家ではLDKの窓際ど真ん中に置いています。

そうすることでリビングドアを開けたときにまず目線に入ります。

こんな感じでいつも迎え入れてくれるアルテシマ
特にダイニングは緑を感じられる空間にしています

わが家ではダイニングを特に光と緑を感じられる南側の特等席を用意ししています。

 

もう少し観葉植物も増やしたいのですが、手入れなどまだまだ勉強不足ですので、色々とわかってきたらもっと増やしていきたいと思っています。

観葉植物もインテリアのポイントとなる重要な要素ですので意識をしてみましょう。

インテリアでこだわるべきアイテム要素は

  1. 家具

  2. 照明

  3. カーテン

  4. グリーン

これら4つをしっかり意識してインテリアをデザインしていくことで整理されたまとまった空間になっていきます。

1〜3は機能的には必ずあると思いますが、インテリアが何か物足りないなと思ったらおそらくグリーンがないからだと思います。

その他のアイテム要素もあれば良いわけではなく、テイストやデザインや大きさなどが、

住まいのコンセプトに合っていることが重要

これらについてはまた今後深掘りしていきたいと思います。

ではまた

その他パキラも育てやすいのでオススメです。
日が当たりにくい場所でも育つので北側の部屋でも窓際に置くなどで育てることができます。
千夜さんによる写真ACからの写真

ブログをご覧いただきありがとうございました。LaLa

コメント