スポンサーリンク

リビングダイニングは子供が勉強することを想定する

こんにちは、LaLaです。

今日も35度超えの暑さ、、、

わが家は3LDKマンションの子供二人(双子)の4人家族ですが、

エアコンはリビングに1台しかありません、、、(~_~;)

あまりお金を使いたくない嫁の価値観もあるかもしれません、、、

これは色々考えた末リビングに1台で十分と判断したからです。

 

北の2部屋は直射日光が入らず風通しさえとれば涼しく過ごせるのです。

小さな部屋なので冬はデロンギですぐにぽっかぽか。

これらを可能にするのは、

マンションが鉄筋コンクリート造で断熱性が非常に高く、かつ、わが家が角住戸ではなく、外気に触れる面が少ない中住戸だからです。

断熱性が高い家は、暑さや寒さに対して室内の温度変化が少なくなるので快適です。エアコン、特にエアコン暖房は今のマンションでは未だ使ったことありません。床暖房で十分です。

 

しかしながら、いくら断熱性が良くても夏の猛暑日は耐えられません、、、

これは我慢してはいけない(^_^;)

 

そこで涼しさを求めて家族は昼間はリビングダイニングに大集合!!

快適ですし、エコですね。

家族のコミュニケーションを考えた場合にも、エアコンをリビングダイニングに集約することは効果が期待されます。

子供たちは夏休みの宿題もリビングのデスクカウンターやダイニングテーブルでやっています。

リビングやダイニングで勉強できることも想定して家づくりするのがオススメです。

そのためにはリビングデスクのデザインをLDKのテイストに合わせてみたり、ダイニングテーブルを明るく気持ちの良い場所に持ってくるなどの配慮があるとなお良いかと思います。子供には昼間は明るい場所で勉強してほしいですからね。

 

ダイニングテーブルで勉強する娘①
リビングデスクで勉強する娘②

リビングやダイニングのデスクやテーブルは子供達の勉強だけでなく、大人が作業する場合にもパソコンなどする場所などにもなります。

状況に応じて居心地の良い場所を探せる家が楽しいのではないでしょうか。

 

それではまた

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント