スポンサーリンク

【在宅ワークルーム】をDIYで安く自分好みに作ってみる!いろいろ試したたくさんの工夫とアイデアを紹介します。

こんにちは、LaLaです。

何回かにわたり連載してきましたが、わが家の書斎兼子供の勉強部屋兼ママのミシン部屋となっていた一つの個室を在宅ワークルームとするDIYリフォームがついに完了しました。

機能的で美しく、かつ DIYで低予算でリフォームする醍醐味は私の趣味になっています。

期しくも、コロナウイルス感染症のため在宅勤務を余儀なくされる状況となり、

早速この在宅ワークルームがわが家のオフィスとして機能しています。

その使い勝手などご紹介します。

 

決して難しいDIYではなく、ネットやホームセンターでほぼ完結するDIYですので参考にしてみてください。

下記の記事も参考にしてください。

最高にちょうどいい在宅ワークルームをつくる① DIYパーツ”LABRICO”を使うとここまでできる!!オシャレで機能満載の”マルチウオール”をつくろう!!
こんにちは、LaLaです。以前もご紹介しましたが、私の書斎の背面には、有孔ボードとホワイトボードを設置しています。...
最高にちょうどいい在宅ワークルームをつくる② 壁の色を【ペンキで塗り替えて】集中&リラックス空間へ
こんにちは、LaLaです。前々回に投稿したブログ記事で在宅ワークスペースの環境をつくるという内容を投稿し...
最高にちょうどいい在宅ワークルームをつくる③ 【ピラシェル棚受け】でオシャレで機能的な棚をつくろう!!
こんにちはLaLaです。前回壁にペンキを塗ったので、そこに本棚をDIYで作ってみます。今までも使っていた和気...
最高にちょうどいい在宅ワークルームをつくる④ 無印良品の「ノンプリーツカーテン」で使い慣れたラスティックな雰囲気に変える
こんにちは、LaLaです。今回はカーテンを替えて空間の雰囲気を変えてみたいと思います。カーテンも窓を覆うものである...
最高にちょうどいい在宅ワークルームをつくる⑤ 【バイクハンガー】で自転車のディスプレイスペースをつくる
こんにちは、LaLaです。最高にちょうどいい在宅ワークルームもいよいよ第5段!!今回は在宅ワークとはちょっと違うか...
最高にちょうどいい在宅ワークルームをつくる⑦ 超便利な使い心地「L字型デスクをつくる」!!
こんにちは、LaLaです。何回かにわたって在宅ワークルームのDIYを投稿してきましたが、ついに最重要項目である...

 

まずは、以前の状態の書斎ルームは下記記事を参考にしてください。

この空間は明るく、また、もっと手軽にDIYできます。

こちらが以前の書斎ルーム。
とても快適で使いやすかったです。
リフォームするのは勿体無いくらいですが、もう少し在宅ワークに特化した形にリフォームしたいと思い立ちました。

 

それでは早速新たに作ったDIY在宅ワークルームをご紹介します。

 

在宅ワークスペースと趣味のスペースを明確に分ける

 

ドアを入って在宅ワークルームを見たところです。

実際はかなり狭い部屋なのですが、コーナーデスクの在宅ワークスペースと趣味のスペースを明確に分けてつくり、メリハリをきかせています。

 

元の書斎に比べて奥行き感が増しているように感じませんか?

拘ったのはL字型のデスクコーナーとして窓側にデスクを配置するということです。

そうすることで目線が遠くまで及び部屋が広くなったように感じるかと思います。

 

同時に在宅スペースと手前の趣味のスペースに分けてメリハリある空間構成としました。

WEB会議するときの背景や顔の映りに考慮する

 

在宅ワークするときにWEBで会議することが増えるかと思います。

そのときに注意するポイントが2つあります。

  1. 背景は美しく
  2. 顔が暗くならないようにする

背景が大事という話は以前投稿しました。

 

背景が汚いと生活感が丸出して仕事の雰囲気が損なわれてしまいます。。

 

もう一つ大事なことは、顔が暗くならないようにするということです。

これについては以前の書斎では私の顔が暗く映ってしまい、表情が暗く感じられてしまったことから今回改善しなくてはと思いました。

対策はとても簡単です。つまり、

窓の光を背面にカメラを設置する

ということです。

そのため今回L字型のデスク配置として窓周りにデスクを計画しました。

窓前は明るくてとても気持ち良いですので、これは以前の書斎に比べて大きな改善点です。

窓前にWEB会議用のiPhoneを設置。
これで私の顔も明るく映り印象が和らぎます。
カメラに映る背面の壁です。
シックな色合いにセンスの良い雰囲気にまとめると魅せやすい背景になります

整理しやすい環境にする

 

限られた狭い空間に、作業性を高めるためにどこに何を置くか、煩雑にならないようにどのように置くかなどいろいろ検討を重ねました。

せっかくL字型のデスクであっても置き場所が多いので整理できないとすぐごちゃごちゃになってしまいますので注意が必要。

 

在宅ワーク用のiPadやiPhoneなど使う端末が増えます。

また、会社のパソコンをリモート操作するため、iPad用にキーボードやマウスも購入しています。

それらが煩雑にならないように以前購入したPCモニター台を有効に活用しています。

また、自宅のMacはL字型デスクの一番使いにくい?場所となるコーナーに設置することで効果的な使い方にしています。

Macの横には無印良品で購入したポリプロピレンのファイルボックスを組み合わせて使っています。

こちらはかなり整理に役立ちますのでオススメです。

 

無印良品のファイルボックス
どこに何を入れるか決めておくと超便利!

趣味コーナーは寛ぎスペースとして楽しく

 

趣味コーナーは寛ぎの空間として私が一番心地よく感じるように考えました。

10年以上前から使っているマッサージソファ はこの空間には欠かせません。

 

 

マッサージソファ で本を読んだり、ギターやロードバイクなど好きなものを美しくレイアウトされた空間を作れば愛着が大きく高まると考えました。

また、寛ぎながらパソコン画面のYouTube動画を見るなど使いやすいレイアウトはいろいろと試しながら今のレイアウトでしっくりきました。

寛ぎ趣味コーナー

できるだけ安く美しくつくる

 

今回かかった費用の大雑把な概算ですが、

  • デスク(アカシア無垢集成材、脚)・・約3万円
  • 本棚(アカシア無垢集成材、棚受け、棚柱)・・約2万4000円
  • マルチウオール(2×4材、LABRICO、有効ボード、ホワイトボード)・・約1万
  • シェルフとバイクハンガー・・約6000円
  • ペンキ・・約6000円

合計7万6000円でした。

デスクと本棚だけなら5万〜6万くらいでできると思います。

自分でできることは自分で、それがDIYの醍醐味です。その分安くできるのです。

 

まとめ

 

以上新しく生まれ変わったわが家の在宅ワークルームをご紹介しました。

在宅ワークをするときにいかに快適に作業できるか、自分のモチベーションを高めるかということがポイントです。

  1. インテリアのテイストを少しシックな雰囲気にする
  2. ワークスペースと趣味スペースを分ける
  3. WEB会議のことを考える

 

以上を参考に最高にちょうどいい在宅ワークルーム!

ぜひ参考にしてみてください。また来年変えちゃったりして(笑)

 

最後までみていただきありがとうございました。

コメント

  1. […] […]