スポンサーリンク

【芸人ひろしに影響されて】ソロキャンをプチ体験。お金かけずシンプルで美しく!だからこそ楽しい!!

こんにちは、LaLaです。

秋が近づくとキャンプやバーベキューに行きたくなりますよね。なんか楽しそうだな、、

 

でも、

人集めるのめんどくさい!大きな道具運ぶの大変!疲れる、、

など、

キャンプやバーベキューに対しては結構ネガティブに考えてしまう私、、、

結局道具を揃えた割には年に1、2回しか使わない、、、

 

もっとお手軽にできないものか、、、

グランピングなんて楽だけど、高い、、それでは楽しくない!!

 

そんなとき、芸人のひろしがソロキャンパーとしてYouTubeで大活躍をしているのを見て、

私も誰にも邪魔されず、気兼ねなくキャンプできたら楽しいだろうなと共感しました。

 

そこで最近同じくひろしに大きな影響を受けてソロキャンを始めた先輩がいてそのソロキャンに同行させていただくことになりました。もはやソロキャンではないですが、、( ̄▽ ̄;)

ソロキャンのどういうところが魅力なのか探ってみたいと思います。ワクワク

 

 

キャンプ場に到着。まずは場所を決めて、椅子とハンモックをセット。

大掛かりなテントは設置しません。

そしてこの前ご紹介したDIYテーブル!雰囲気にマッチしちゃってますね。

 

さっそく先輩が取り出したのがこちらのナイフ。

ひろしがオススメしていた「モーラナイフ」というもの。

2000円くらいで買えるコスパの良いナイフとのこと。

ほんまにちゃんと切れるのかいな、、

 

木の繊維に沿ってナイフを置いて、上から薪を使って打ち付けていくと、

なんとも簡単に薪が割れていく( ゚д゚)

すごい。

ちなみに斧でもやってみたがうまく割れない、、薪ってめっちゃ硬い、、

次に、焚き火台です。

バーベキューを焚き火でやるっていう発想がなかったのですごく新鮮な気分です。

シンプルで小さくてかっこいい。

 

さあて、火を付けるか

こちらの道具を使って火をつけます。

マグネシウムの棒ですね。本当に火がつくだろうか?

 

こうやって棒を擦ってマグネシウムの粉をペーパーに振りかけます。

そして勢いよく、火花を散らすように擦ると

やったーーー!!

ついたぞーーー!!

最初は全くうまく行きませんでした。コツを覚えるのに少し時間かかります。

焚き火っていいなあ、、、癒されます。

炭を使うのではなく薪を使うと焚き火になるので見た目にも楽しいです。

 

では早速料理と行きますか!

 

そして本日の主役!!

「ひろしの鉄板」

こちらは芸人ひろしオリジナルの鉄板だそうです。厚さが4.5mmあり、4500円です。

コスパも良いですね。

ただし、すごく人気があってあっという間に売り切れたようです。

かなり美味しく肉が焼けるみたいですよ〜♪

さすが先輩、よく手に入れましたね。

先輩が畑で育てた野菜をまず焼いてみます。

専用の取手を見てください。

No.164?

一品物としての製造番号かな?

いえいえ、164=ひろし

だそうです(笑)なんかいいね。

さあ、肉を焼いてみますよ〜。

ちなみに本日用意した肉はイオンスーパーで買った800円のオージービーフです。

めっちゃ美味しそうでしょ?

焼き加減がすごくいいのですよ。

味付けは粗塩だけちょこっと。

 

しっかり焼けて、かつ、柔らかく焼けて、最高に美味しかったです。

うまいものを自然の中で食べる!ことこそがソロキャンの醍醐味なんだろうな。。

自分だけの料理を作る。

 

 

ししゃもも焼いちゃおう!!

しかしこれはくっついちゃって大変でした、、これも勉強。。

 

周りにいたファミリーキャンプの方々や仲間同士でのキャンプなどの人たちの中には、

これでもかというキャンプ道具の充実度に、

「ドヤ顔」で見せられている感じが、、

私はちっとも羨ましいとか思わないんです。

 

ただただ、片付けとか大変だろうな〜って感じに思うのです。

 

それよりも、ひろしのソロキャンのように、

コスパよく、シンプルで、小さく、美しく、お手軽に、キャンプできることがとても自分に合っていて楽しいと気づかされました。

 

最高にちょうどいいアウトドアの楽しみ方と言えます。

間違いなくハマりそうです。

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

コメント