スポンサーリンク

【Unigearのタープ】と【男前ファイアグリル】に大苦戦、、初心者の私には難しい、、

こんにちは、LaLaです。

緊急事態宣言で人が密にならないところで遊ぶにはもってこいのデイキャン!

キャンプ場はどこも閉鎖されてばかりでしたが、会社の先輩がここだったらというオススメの場所を教えてくれました。

 

 

あ〜気持ちええなあ!最高!!

早速準備しましょうかね。

 

Unigearのタープを張る

Amazonでベストセラーになっているコスパに優れたシンプルなタープを早速張ってみることにしました。

 

タープ、袋、ペグ、ロープだけのシンプルな構成。

説明書もない。。どうしよ、、とりあえず考えてみる。

本来ならポールがいるのでは??ポールはセットに入ってないぞ??

 

う〜んと悩んで途方にくれていました。。

 

するとそれを見かねた先輩が、

「適当な大きさの枝を持ってきたらええんじゃ」と言ってきました。

枝???

先輩はあっという間にタープを張ってしまいました。すごい。

おお、なるほど、こうすればいいのか!!

何事も経験ですな( ̄▽ ̄;)

 

男前ファイアグリルを使ってみる

自慢の男前ファイアグリルを出してみます。

先輩はピコグリルというソロキャンではかなりポピュラーな焚き火台をセット。

 

 

どうだ、男前ファイヤーグリルのカッコよさ!!美しい、、、

少々ドヤ顔で並べてみる(笑)

 

小さな木や枯れ葉などを入れて火種にしてみます。

先輩に見よう見まね( ̄▽ ̄;)

 

ありゃ?

全然火がつかない?!

大苦戦、、、

先輩はあっという間に火がついた、、

これが経験の差か、、、

しばらく粘ってましたが先輩が加勢してくれて、

ついた〜!!

よかった。つかなかったらどうしようかと、、

 

男前ファイアグリルは初心者には難しい?

ホームページで男前ファイアグリルの開発者の方の説明が書いてありました。

どうやら風の向きをきちんと読んで使わないといけないようですね。

ピコグリルのように底に空気穴が開いてないので空気の通りをしっかり意識しなくてはいけません。

風向きに対して平行に設置すれば風が抜けて火が燃えやすくなります。

逆に風が強すぎたら風に対して直行して設置して防ぐということみたいです。

これはなかなか初心者には難しい、、、

 

しかしながらそういう個性を楽しむことが焚き火の醍醐味でもあるのかなとさらに愛着が湧きました。

 

男前ファイアグリルは小さな火種で時間をかけて使うという感じですね。

 

男前グリルプレートで料理

デイキャンの楽しみである。食事。

男前グリルプレートで肉を焼きます。

 

いい感じで鉄板が熱くなってきました。

じゅわ〜♪

本当によく焼けますね〜うまそ♪

 

ピコグリルではペペロンチーノを作っています。

大変美味しくいただきました。

 

男前ファイアグリルプレートにゴトクをセッティングしてお湯を沸かしてコーヒーを飲む。

あとはただただボ〜ッと過ごします。

 

 

まとめ

まだまだ初心者!

経験しながら知恵をつけていきたいと思います。

そのうち嫁を連れて行ってドヤ顔でデイキャンしたいと思います(笑)

 

簡単そうで簡単でない、そこがソロキャンの面白さと奥深さ!

コメント