スポンサーリンク

iPhoneアクセサリーでApple純正の【レザーウオレット】は手帳型に比べてちょっと使いづらい?でも必要最小限の機能とスタイリッシュな使い心地がなんかカッコいい!!

こんにちは、LaLaです。

 

ワクチン2回目の副作用も引いてきて家でオリンピック見ております。

 

今回はiPhone12のケースを購入したのですが、純正にこだわる、いや、どうしても純正が買いたい理由をお伝えします。

 

Appleの純正にこだわる理由

私は初代iPhoneの頃からずっっっとiPhoneを使っております。

初代iPhoneが発売したのが確か2008年ごろだったかと思うので12、3年経つのですね。

それでもなお初期のデザインからあまり変わらないのはスティーブジョブスのイノベーションが本当に凄かったということですね。

 

そして、iPhoneケースについてはほぼApple純正にこだわっています。

それはなぜか?

スマホケースは純正でなくてもありとあらゆる商品が出ており、それが市場をさらに拡大しています。

しかしながら、私の考えは、

アクセサリ含めてAppleの世界観に浸りたいのです。

Appleの世界観が好きなんです!

 

とは言え、Appleしか買わないのかと言えばそんなこともありません。ブランド信者ではありません。

ちなみにノートPCはMicrosoftのsurfaceです。大好きです。

この商品の世界観も自分にはとてもフィットしました。

スマホはiPhoneが私にはフィットしているということです。

 

Makuakeの投稿でもお伝えしましたが、これからの消費は価格よりも価値です。

価値の尺度は人によって異なりますが、

持続的に愛着持って使い続けられる機能とデザインが備わっていることはもちろん、

物語があることが大事だと思います。

そのアイテムがどういう想いで作られてきたか、自分のためと感じられるかが大事です。

 

iPhoneにiPadにMacにApple Watchにsurface。

どれも私にとって大切なアイテムです。

 

iPhone12のケースを購入

購入したケースはこちらになります。

MagSafe対応iPhone 12 シリコーンケース 

レザーもありますが、

私の場合手に持った時の感触としてシリコーンの方が好きです。

私はブルーが落ち着くのでブルーにしました。

 

シリコンケースの内側に説明用のイラストが。

 

手に持った時のフィット感と質感。

これがすごくいいのです。他のメーカーのものが使えない理由でもあります。

アクセサリー含めて機能とデザインが一体的に考え抜かれていますね。

 

 

MagSafe対応iPhoneレザーウォレット

 

今回もう一つ購入しました。

それは

MagSafe対応iPhone「レザーウォレット」です。

 

以前使っていたiPhoneXs Maxのケースはカードが収納できるようにして通勤などに非常に重宝していました。

3年使ってボロボロになってしまいましたが、Apple純正の手帳型のケースです。

電車のICカードや名刺や紙幣など入れていました。

 

そのため、今回もできればICカードがスマホに収納できるといいなと考えていました。

そこで出会ったのがレザーウオレットです。

 

 

 

シリコーンケースと色と素材が一致はしませんでしたが、同系色として調和させます。

 

 

こちらにもイラストで説明が。

どうやらクレジットカードの磁気ストライプのある面を外側にするようですね。

磁気のシールド機能があるのでクレジットカードを使う上ではとても安心です。

 

表の面と裏の面です。

裏は穴が空いています。

 

 

そしてマグネットでピタッとくっつきます。安定感はあります。

カラーリングもいい感じです。

 

感触としては強い磁気ではなく柔らかくくっつくといったイメージです。

若干外れないかな?と心配な面も感じました。

 

 

カード1枚のみを入れてもずれ落ちませんでした。

カード2枚と紙幣を1枚入れても問題なく入ります。

 

 

使い方について人によってはデメリットと感じることがありました。

それは、

駅の改札を通るときは磁気シールドされているため、

iPhoneに装着したままでは反応しませんでした。

これはしょうがないのかな、、。

以前の手帳型のケースの時はケースを開いて裏側から改札機に当てれば反応したのでとても便利でした。

 

しかしながらスマートな使い方ができます。

写真のように裏側の穴に指を当ててスライドさせてカードを出すのです。

こうすればスムーズにカードを取り出せます。

 

デメリットはやはり、使う度にレザーウオレットをiPhoneから外さなくてはならないことです。

 

また、置き式の充電器を使う場合も外さなくてはなりません

 

しばらく使ってみて

最初はちょっと使い勝手悪くなったかなあと心配になっていましたが、

しばらく使ってみるとだんだんと慣れてきてそんなに不便とは感じなくなってきました。

 

それよりも以前の手帳型の場合はいちいち使う時は開くという動作が必要でしたが、

今回購入したシリコーンケースとレザーウオレットはそんな動作はなく、

さらに手に持った時のウオレットが装着されたふくらみの感触はとても良く使い勝手がいいと感じるようになりました。

このフィット感はなかなか良いです。

 

建築家の丹下健三さんが、

「美しきもののみ機能的である」という言葉を残していますが、

美しいものというのは愛着がわき、結果として大事に使って機能的なものになっていくということなんでしょうね。

 

結果として今回の購入は満足のいくものとなりました。

 

ちなみにガラスフィルムはアマゾン限定ブランドのこちらの商品を購入しましたが、

とても装着しやすくおすすめです。

 

 

美しきもののみ機能的である!

コメント