スポンサーリンク

【Tokyo Camp】の焚き火台であーゆーレディ?炭で鮎をじっくり焼くのが最高!!ソロキャン初心者におすすめの美しい焚き火台です。

こんにちは、LaLaです。

暑いです、、、しかも緊急事態宣言、、、

こんな時はソロのデイキャンで楽しむしかない。

 

以前購入した男前ファイアグリルは私のような初心者ソロキャンパーにはハードルが高く、

もう少し扱いやすい焚き火台を探しておりました。

定番となる焚き火台を探していたところ、ピコグリルというスイス製の焚き火台がどうやら優れているようです。

しかしながら非常に高価で、かつ、類似品(偽物?)が多く、悩みまくってました。

 

そこで、ちょっと良さそう!と思ったのが、こちらの商品です。

 

軽量でコンパクトで15秒で組み立てられるという機能性が良いだけでなく、

見た目の美しさで気に入り購入!!

コストも決して安いわけではないですが、ピコグリルに比べるとかなり安いです。

 

 

恒例の箱チェック。

箱が美しくしっかりした商品はほぼ間違いないと思っていいと思います。

この商品も外箱も内箱も丁寧な作りでデザインがよく、ロゴも美しい。

箱の中にはA4サイズの収納ケースがピッタリ納まってました。美しい!!

収納ケースはステンレスの天板と脚が別々に収納できるように2層に分かれています。

 

取り出してみます。

とてもシンプルでスッキリしています。

天板の厚みが1mmくらいかと思います。すごい。

 

それでは早速山へ

 

 

やって来ました!!人も少なくいい感じ♪

ハンモックを取り付けまずはだら〜っと寝ます♪

 

ハンモックから空を眺めた目線です。

やばい、、、気持ち良すぎる。。。最高。。。

 

 

まずは脚を組み立てます。

2つのパーツを差し込むだけ!めっちゃ簡単です!!!

2枚の天板を真ん中の爪に引っかけてと、、これでいいかな?

はい、できました!!

え?これだけ?簡単すぎん?

あとは、スピット(串)、いわゆる五徳を置くことも出来ます。

今回は網で行こうかなと思いますが。

 

着火は杉の葉を使います。杉の葉はご覧のようにとても燃えやすいです。

 

薪も置いてみました。

大きさも余裕があります。

空気の通りもよく燃えやすく、これなら安心して焚き火に使えそうです。

今回は薪ではなく、炭でじっくり料理したいと思います。

順調に火が広がっています。

 

そして今回の料理は?

 

ジャーン!

特選の鮎です!!これはたまらない!!網と炭で焼きます!

 

 

いい感じで焼きあがりました。

川辺で食べる鮎、、、美味すぎました、、、

 

お肉もね♪

これでお腹いっぱい。大満足!!

 

皆さんもぜひ今の季節鮎を焼いてみてはいかがでしょう!

 

Tokyo Campの焚き火台は初心者ソロキャンパーの私の相棒となりました。

 

ソロキャンで、あーゆー(鮎)レディ?

コメント