スポンサーリンク

【ルンバi3】は3LDKのわが家のマンションでも大活躍!!コストも機能も最高にちょうど良く大満足!!

こんにちは、LaLaです。

年末になり、ボーナスも出たしなんか思い切って買おうかなと思って、ずっと欲しいと思っていたモノの一つがルンバです。

ただ、ルンバを買いたくても買えない理由がいくつかありました。。

 

モノや家具が多くペットもいる3LDKのわが家はルンバは無理?

 

ロボット掃除機ってすごいって聞くけど私はどこか諦めていました。

なぜなら、わが家は家具やモノが多い、、、

さらに、犬もいる、、、絶対ルンバと闘う、、(^◇^;)

 

まさにわが家はロボットに任せることはできない難易度の高い家なのです。

また、

ルンバ自体の機能にも疑問がありました。

私のお小遣いで買える範囲(5万以下にはしたい)のルンバは正直賢くない!と思っていました。

要するにどこに行くかはルンバの気分次第というか、ぶつかったら方向転換していろんな方向に行きまくるという効率の悪い動き方なのでワンルームならいいですが、

3LDKのわが家には無理だなと諦めていました。

カメラ付きのi7というルンバは大変賢いのですが、値段が10万くらい、、、

とても買えません。。。

 

なんとか5万くらいにしてーーーと嘆いていました。

するとついに出会ったのがこちらのルンバです。

 

機能とコスパの両立「ルンバi3」

それがこちらルンバi3というモデルで、

お値段が最近改定されて69800円→49800円(税込)と5万以下のハイスペックモデルなのです!!

 

5万を切ったということで俄然私の心に火がついたのですが、

今までの5万以下になかった機能でi3にある特に魅力を感じたポイントは、

フロアトラッキングセンサーです。

自己位置を特定でき、まるでカメラがついているかのように効率的に動いてくれます。

まさにちょい賢い!ルンバなのです。

また、吸引力は600シリーズに比べて10倍とのことです。

 

セッティング

早速箱から取り出します。

 

デザインも好きです。他のルンバに比べて上品な生地で艶が抑えられています。

箱の中は本体とホームベースとフィルターの予備がついていました。

説明書は非常にシンプルで薄っぺらです。

ホームベースにルンバをドッキング!!

しばし充電してからスタートします。

充電している間に、ルンバのアプリに登録します。

こんな感じでスマホで操作できるし、管理もできるのです!!すごい便利。

 

始動

スマホで清掃するというボタンを押すと動き出しました。

 

動き出しました。

犬も襲いかかることなく、どちらかというとビビって逃げてます(笑)

音は個人差はあるかもしれませんが結構静か?に感じました。

フロアトラッキングセンサーによる規則的な動きが見ていて気持ち良いです。

さあ、この埃まみれでモノが多いわが家をどこまで掃除してくれるのか?

しばらく外出してみて戻ったときにどうなっているか楽しみです。

 

帰宅。結果は?

2時間くらいして家に戻ってきました。

一応スマホには掃除が完了しましたと連絡はありました。

おお!ちゃんとホームベースに戻って充電している。

そして、部屋のゴミもしっかり取れているではないか!!すごい。

ちゃんとLDK以外の他の部屋も全部掃除されていました

 

ピカピカのわが家は気持ちいい!!

 

掃除した場所をアプリでちゃんと教えてくれるのです。

それがこちら。

 

おおおお!これはすごくわかりやすい!!

掃除してくれた場所を教えてくれるのです。

緑の部分が掃除してくれた部分です。

白い部分はお風呂やトイレや収納、そして家具やモノが置いてあったため掃除できなかった部分です。

ドアさえ空いていれば部屋に入り込んでちゃんと3LDKのわが家全体を掃除してくれました。

 

LaLa
LaLa

まさか寝室にも入り込んでくれて掃除してくれたなんて、、嬉しい(T . T)

 

 

見てくださいこのゴミ!!1回でここまで取ってくれています。

いかに掃除を怠けていたか、、、よくわかります。

また、ルンバはソファーやベットの下も入ってくれるのでいつも以上に細かく掃除してくれているのでしょうね。

 

そして、もう一つこだわっていたのが、

ダストボックスを丸洗いできる点です。

こちらについても本当に便利なので絶対外せません。

 

まとめ

5万円以下のルンバで3LDKの部屋をしっかり掃除してくれて大満足です。

機能も意匠もコスパも最高!!

LaLa
LaLa

まさに最高にちょうどいいルンバ

 

ロボットが家事をしてくれると時間が生まれると言うが、それよりも仲間としての愛着が生まれる

コメント