スポンサーリンク

家で喫茶店のようなおいしいコーヒーを実現したかったら【ネルドリップ】の一択です。

こんにちは、LaLaです。

ゴールデンウイークに会社を辞めてカフェを開業した方のところへ行ってきました。

お店も素晴らしかったのですが、

そこで飲んだコーヒーの味が忘れられない、、、

 

シンプルなメニューに3種類のコーヒーの味のみでやっておられ、

そのときに飲んだコーヒーが実にまろやかで、

なんでこんなまろやかな味が出せるんだろう?と作っているところをじっと見ていました。

 

もちろん厳選された豆を使っていることもあるのですが、

私が着目したのは、コーヒードリッパーです。

 

ネルドリップ方式

彼が使っていたのは、

ネルドリップ方式のドリップポットでした。

ネルドリップ方式は知っていたのですが、

手入れが面倒という話を聞いていました。

 

このネルフィルターという布がコーヒーを柔らかく受け止めて、じっくりと抽出するのがたまらなく美味しそうに思えました。香りもグッと引き立ちます。

 

LaLa
LaLa

これは自分でも作ってみたくてたまらない

 

今までは私はケメックスのペーパードリップでコーヒーを飲んでいました。

これはこれで間違いなく美味しいのですが、

ケメックスに惚れた理由はやはりデザインなんです。

 

私にとってデザインは需要な要素です。

だって、愛着がないと好きになれないからです。

ケメックスの実に愛らしいデザインは外せない、、

 

ペーパードリップ方式はすっきりとした味わいで、かつ、手入れが非常に簡単というのが特徴です。

うちの嫁さんは自称すっきり派らしく?!ペーパードリップが好きだそうです。

と言って私が金を使うのを阻止しようとしているのかと思います、、、(^◇^;)

 

ただ、私はまろやかな味わいを知ってしまうと、、

もうそれ一択になってしまったのです、、、(^◇^;)

 

HARIOのネルドリップポットを購入

いてもたってもいられなくなり、ネルドリップポットを購入しました。

このHARIOのドリップポットを買った理由は、

  • ケメックスと同じような美しくシンプルなデザイン
  • ネルドリップ方式である
  • 安い

の3つである。

お店で買うと3000円台くらいです。

 

 

HARIOのドリップポット 1、2杯用
中に入っているセットは、ドリップポットと軽量スプーンとネルフィルター

ケメックスのドリップポットを比べてみます。

ケメックスと同じくサーバーとドリッパーが一体となっていて、しかも持ち手が木でそっくりです。

LaLa
LaLa

まさに私の愛着もったデザイン!

 

ネルフィルターは最初の状態でいきなり使うのはNGとのことです。

まずは煮沸します。

私はYouTubeの動画を見て研究し、コーヒー粉をいれて煮沸してみました。

こんな感じでぐつぐつと

 

煮沸が終わると絞って、濾過器にぐるぐると巻いていきます。

お気に入りのコーヒー豆を軽量スプーンで1杯

ミルで粉にします。この時間が楽しいなあ〜♪

ネルフィルターをドリップポットにセットし、コーヒー粉を入れます。

ドキドキ、、

まずはゆっくり蒸らします。

おおお、溢れそう、、これですよこれ!

LaLa
LaLa

このふわっと感がたまらんのですよ♪

 

ゆっくりゆっくり抽出されていきます。美味しそう!!

熱いうちにサッとカップにつぎます。

手間暇かけて完成。

さてお味は?

ああああ〜うまい、、、

深くてまろやか!

 

在宅勤務している楽しみがまた一つ増えました♪

 

手入れ

ネルドリップのデメリットとされるのが、

手入れが大変

ということです。

このネルフィルターを洗うのは当たり前ですが、乾燥させてはいけないのです。

どういうことかと言うと、

乾燥させるとネルフィルターに染み込んだコーヒーの油脂分が酸化してしまい嫌な匂いが出てしまうからです。

そのため、水を張った容器にいれて冷蔵庫で保管するのです。

 

こんな感じですね。

使わなくても2、3日に1回くらいは水を入れ替えなくてはいけないそうです。

はい、めんどくさい〜と思った方!

はっきり言ってめんどくさくないです。洗って水につけて冷蔵庫に入れる、それだけです。

 

私は毎日コーヒー飲むので水の入れ替えはしてません。

コーヒーをいれる時間が優雅で楽しく気分を落ち着かせてくれるのです。

 

ぜひ気になったらネルドリップでいれたコーヒーを味わってみてください。

きっと喫茶店で飲んだあの味だ!ってなりますよ。

 

手間をかけるから愛着持てる。愛着持てば手間を感じない。
↓ 2つのブログランキング(にほんブログ村、人気ブログランキング)に参加しています。ポチッとクリックして応援していただけるとブログ執筆の励みになります。LaLa
ちょうどいいモノ
スポンサーリンク
LaLaをフォローする
最高にちょうどいい暮らし ブログ

コメント